カウンター数と損耗

中古コピー機の購入において、保守サービスは重要なポイントになってくるのは間違いありません。ですが、壊れる前提で契約する前に、安心して使えるコピー機を選ぶということも重要になってきます。どこを見るのかが重要になってきますが、それだけ損耗をしているかどうかを判断する材料が重要になってくるでしょう。

コピー機コピー機には、どれだけ印刷されたのかを判断できるカウンターがついているところがポイントです。このカウンターによって保守金額が決まったりする契約もありますが、印刷した枚数が増えれば、それだけ損耗するからです。中古コピー機でも、カウンターはみることができるようになっており、それだけでも状態の判断ができるようになっていくでしょう。

どれぐらいの数字が目安になるのかが重要ですが、一般的には10,000枚がひとつの基準であり、分かれ目になってくると考えられています。低カウンターと呼ばれることもありますが、少ないカウンター数であれば非常に優秀な中古プリンターといえるでしょう。保守にかかる手間も金額も低いと判断できるのですから、保守契約を結ぶ際にも有効な本体であるといえるでしょう。こうしたプリンターを見つけることも重要なのです。


関連記事

  1. 中古コピー機と保守
  2. 保守契約できるか
  3. 保守の種類
Pocket