保守の種類

保守チーム
出典 [中古コピー機販売/OAランド

中古コピー機でも、保守契約が結べることは珍しいことではありません。リースやレンタルと比較すると、保守契約を結ばないことによって、費用としてのリスクを下げられることもあるため、契約できないことがすべてデメリットになるというわけではないでしょう。

保守契約とは、コピー機の故障は費用代がかなりの金額になってしまうことから結ばれています。使用頻度が高いことによって故障する可能性も一定はあるということもあるでしょう。そこでカウンターでわかる印刷枚数によって保守料金を支払うといった契約やトナーを購入することが条件で保守を受けられるか太刀、必要な時にだけ頼むといったスポット契約まで存在しています。

中古コピー機の場合、良くある保守契約はスポット契約になるでしょう。修理費は有償であり、通常は消耗品費飲み支払っていくかたちです。新品のコピー機でこの保守契約が結ばれることはありません。契約できるのであれば、カウンター数で契約するほうが消耗品も含まれていますし、安定した保守契約にもなるでしょう。実際にスポット契約とあまり変わらない費用になってきていますし、修理には別途費用がかかることから、メリットはほぼなくなりつつあります。


関連記事

  1. 中古コピー機と保守
  2. 保守契約できるか
  3. カウンター数と損耗
Pocket