保守契約できるか

新品より中古コピー機は、必ず安くなっていきます。もともと大きな費用がかかるコピー機の導入ですので、できるだけ安くあげたいのは当然のことです。問題は、中古で買って心配はいらないのかという部分になってくるでしょう。修理ができるかどうか、そこにはいくら費用がかかるのかといったことが重要になってきますが、この契約を結ぶのが保守サービスになってきます。

保守契約保守サービスとは購入した時のコピー機に何か問題があったときにすぐにサービスに訪れ修理をするなりの対応をおこなうことです。トナーなどの管理もおこなっていくことになりますが、任せていれば安心のサービスとなるでしょう。いくつかの形式がありますが、中古コピー機で契約できることはあります。ですが、絶対に結べるわけではない部分もあるのは理解しておかなければいけません。

保守サービスは、安定して利用できるようにするものである以上、故障のリスクが高くなる中古コピー機の場合には、一定の年数以上になると断られることが出てきます。保守をする側でもリスクが高くなりすぎるからです。特に部品の供給が終わってしまっているような機種は、修理もできなくなるため、保守契約ができないケースが出てきます。


関連記事

  1. 中古コピー機と保守
  2. 保守の種類
  3. カウンター数と損耗
Pocket