中古コピー機と保守

コピー機を導入していく理由はいろいろとあるでしょう。必要になったから導入するというのは当然ですが、台数を増やしたいときもありますし、起業して必要になるからといった理由もあります。ところが、コピー機の値段はびっくりするほど高いものになるでしょう。必要なのにもかかわらず、経営計画の足を引っ張ってしまうことさえあります。イニシャルコストを抑えるという意味でも新品で購入せずに中古コピー機を考えるのは、合理的な手段といえます。イニシャルコストを抑えることができれば、さまざまなリスクに対応できるようにもなっていくでしょう。それだけ資金に余裕を持たせることは重要なことになるのです。

コピー機この考え方からいけば、コピー機を中古で購入することに意味は見えてきますが、中古で大丈夫なのかということを考えていかなければいけません。中古で購入すること自体がリスクになってしまったのでは、意味がないからです。安心して使うことができるのか、それとも故障を覚悟して利用していかなければいけないのか、その時の費用はどうするのかといったことが出てくるでしょう。購入する以前に誰かが使っていたものになるのですから、その負担は理解しておく必要があります。

単純なことですが、このリスクをどうやってカバーするかというのが問題点です。故障しても修理できるような体制を取ることが大切になってきますが、その保守サービスを中古コピー機でも受けられるのかという話になるでしょう。大事なポイントになってきますので、参考にしながら購入を検討してみてはいかがでしょうか。


関連記事

  1. 保守契約できるか
  2. 保守の種類
  3. カウンター数と損耗
Pocket