カウンター数と損耗

中古コピー機の購入において、保守サービスは重要なポイントになってくるのは間違いありません。ですが、壊れる前提で契約する前に、安心して使えるコピー機を選ぶということも重要になってきます。どこを見るのかが重要になってきますが、それだけ損耗をしているかどうかを判断する材料が重要になってくるでしょう。

コピー機コピー機には、どれだけ印刷されたのかを判断できるカウンターがついているところがポイントです。このカウンターによって保守金額が決まったりする契約もありますが、印刷した枚数が増えれば、それだけ損耗するからです。中古コピー機でも、カウンターはみることができるようになっており、それだけでも状態の判断ができるようになっていくでしょう。

どれぐらいの数字が目安になるのかが重要ですが、一般的には10,000枚がひとつの基準であり、分かれ目になってくると考えられています。低カウンターと呼ばれることもありますが、少ないカウンター数であれば非常に優秀な中古プリンターといえるでしょう。保守にかかる手間も金額も低いと判断できるのですから、保守契約を結ぶ際にも有効な本体であるといえるでしょう。こうしたプリンターを見つけることも重要なのです。


関連記事

  1. 中古コピー機と保守
  2. 保守契約できるか
  3. 保守の種類

保守の種類

保守チーム
出典 [中古コピー機販売/OAランド

中古コピー機でも、保守契約が結べることは珍しいことではありません。リースやレンタルと比較すると、保守契約を結ばないことによって、費用としてのリスクを下げられることもあるため、契約できないことがすべてデメリットになるというわけではないでしょう。

保守契約とは、コピー機の故障は費用代がかなりの金額になってしまうことから結ばれています。使用頻度が高いことによって故障する可能性も一定はあるということもあるでしょう。そこでカウンターでわかる印刷枚数によって保守料金を支払うといった契約やトナーを購入することが条件で保守を受けられるか太刀、必要な時にだけ頼むといったスポット契約まで存在しています。

中古コピー機の場合、良くある保守契約はスポット契約になるでしょう。修理費は有償であり、通常は消耗品費飲み支払っていくかたちです。新品のコピー機でこの保守契約が結ばれることはありません。契約できるのであれば、カウンター数で契約するほうが消耗品も含まれていますし、安定した保守契約にもなるでしょう。実際にスポット契約とあまり変わらない費用になってきていますし、修理には別途費用がかかることから、メリットはほぼなくなりつつあります。


関連記事

  1. 中古コピー機と保守
  2. 保守契約できるか
  3. カウンター数と損耗

保守契約できるか

新品より中古コピー機は、必ず安くなっていきます。もともと大きな費用がかかるコピー機の導入ですので、できるだけ安くあげたいのは当然のことです。問題は、中古で買って心配はいらないのかという部分になってくるでしょう。修理ができるかどうか、そこにはいくら費用がかかるのかといったことが重要になってきますが、この契約を結ぶのが保守サービスになってきます。

保守契約保守サービスとは購入した時のコピー機に何か問題があったときにすぐにサービスに訪れ修理をするなりの対応をおこなうことです。トナーなどの管理もおこなっていくことになりますが、任せていれば安心のサービスとなるでしょう。いくつかの形式がありますが、中古コピー機で契約できることはあります。ですが、絶対に結べるわけではない部分もあるのは理解しておかなければいけません。

保守サービスは、安定して利用できるようにするものである以上、故障のリスクが高くなる中古コピー機の場合には、一定の年数以上になると断られることが出てきます。保守をする側でもリスクが高くなりすぎるからです。特に部品の供給が終わってしまっているような機種は、修理もできなくなるため、保守契約ができないケースが出てきます。


関連記事

  1. 中古コピー機と保守
  2. 保守の種類
  3. カウンター数と損耗

中古コピー機と保守

コピー機を導入していく理由はいろいろとあるでしょう。必要になったから導入するというのは当然ですが、台数を増やしたいときもありますし、起業して必要になるからといった理由もあります。ところが、コピー機の値段はびっくりするほど高いものになるでしょう。必要なのにもかかわらず、経営計画の足を引っ張ってしまうことさえあります。イニシャルコストを抑えるという意味でも新品で購入せずに中古コピー機を考えるのは、合理的な手段といえます。イニシャルコストを抑えることができれば、さまざまなリスクに対応できるようにもなっていくでしょう。それだけ資金に余裕を持たせることは重要なことになるのです。

コピー機この考え方からいけば、コピー機を中古で購入することに意味は見えてきますが、中古で大丈夫なのかということを考えていかなければいけません。中古で購入すること自体がリスクになってしまったのでは、意味がないからです。安心して使うことができるのか、それとも故障を覚悟して利用していかなければいけないのか、その時の費用はどうするのかといったことが出てくるでしょう。購入する以前に誰かが使っていたものになるのですから、その負担は理解しておく必要があります。

単純なことですが、このリスクをどうやってカバーするかというのが問題点です。故障しても修理できるような体制を取ることが大切になってきますが、その保守サービスを中古コピー機でも受けられるのかという話になるでしょう。大事なポイントになってきますので、参考にしながら購入を検討してみてはいかがでしょうか。


関連記事

  1. 保守契約できるか
  2. 保守の種類
  3. カウンター数と損耗